靴の描き方を練習してみた

2019年10月11日

今回は靴(スニーカー)の描き方にチャレンジしてみました。

初めはどこからどう描けばいいのかさっぱり分からずかなり苦労しましたが、何度も描いているうちになんとか靴っぽく描けるように。

実際に靴の描き方を練習してみた

それにしても、画面がボケボケでまともに絵が見えないですね。

100均の広角レンズを付けて撮影しているのですが、ちょっとレンズがズレてたのかな…?

靴の描き方

絵はまだまだヘタっぴではありますが、自分なりに見つけた靴の描き方のコツをメモしておきます。

@ 靴の構造を覚える


ポイント
まず、対象の靴の構造を頭に入れます。靴の形と色分けしたパーツを覚える。

A 足を描く

ポイント
前回の方法で足を描きます。指はアウトラインだけでOK。

B つま先、土踏まず、かかとに目印の線を引く

ポイント
靴の大きさの分だけ足から間を開ける。

C 目印の線に合わせて靴底を描く

D 履き口のラインを描く

E 上部を描く

ポイント
履き口のラインを目当てにして形を描く。

F ひもを描く

ポイント
細かく描くとごちゃごちゃするので省略して描くようにする。

G 完成

いちいち足を描かなくても、直接靴を描き始められるくらい慣れることが理想です。

あと、この描き方でブーツとかヒールも描けます。そのためには、まず靴の構造を観察することが大切です。

次の課題

髪の毛の描き方がいまいち分かっていないので、次は髪の描き方を練習したいと思います。

【漫画】足の描き方を練習してみた
【漫画】髪の毛の描き方を練習してみた

関連記事

プロフィール
はじめまして、とーちんです。このブログは漫画制作やソロキャンプ、ミニマムライフ、メモ術などとーちんが興味のあることを追求する趣味ブログです。最近1000円カットに変えたので、こんな綺麗なソフトモヒカンではなくなりました…

最新記事
カテゴリー
Copyright (C) とーちんブログ. All Rights Reserved.