画力アップのために筋肉構造をインプット!

2019年09月18日

僕は趣味でイラストや漫画を描いているのですが、自分の課題として…

  • 自在に人物を描けるようになりたい
  • もっと絵を描くスピードを上げたい

というものがありました。

例えば、腕を上げたときの肩。実際に絵にしようとすると「あれ、どうなってんだけっけ?」となってしまう。

確信のない線を描いては消してを繰り返すのでめっちゃ時間がかかってしまいます。

でももし、肩にどんな筋肉があってどう形造っているのかが分かれば、確信を持ってスピーディーに絵が描けるようになると思うのです。

そこで自在に人物を描けるように、描くスピードを上げるために、軽く骨格も含めた筋肉構造のお勉強に挑戦してみました。

実際に筋肉構造のお勉強をしてみた

この糞つまんねー動画の中で使っているのは、『ヒューマン・アナトミー・アトラス』というアプリです。

3Dで立体的に人体構造をビューできるだけでなく、筋肉を部分的に切り出せるところがめちゃ便利。

この機能を駆使して、筋肉がどこの骨に付着しているかを意識ながら覚えるようにしました。

特に腕と太ももの筋肉はとても複雑。なので、この後も何度も描いてインプットしました。

筋肉図のポイント覚え書き

次の課題

正直、筋肉構造を覚えただけでは、まったく応用が利かないです。

ちょっと動作が加わるだけで、筋肉がどう見えるのか分からなくなってしまうからです。

次は体の角度やポーズをいろいろと変えて描いてみる必要がありそうです。

【漫画】筋肉をいろいろな角度から描けるようになる練習

関連記事

プロフィール
はじめまして、とーちんです。このブログは漫画制作やソロキャンプ、ミニマムライフ、メモ術などとーちんが興味のあることを追求する趣味ブログです。最近1000円カットに変えたので、こんな綺麗なソフトモヒカンではなくなりました…

最新記事
カテゴリー
Copyright (C) とーちんブログ. All Rights Reserved.