インフォメーション
カテゴリー
ABOUT ME

とーちん

このブログでは、いつもの日常がほんの少し楽しくなるアイデアや工夫、新しい視点をお届け致します♪
  1. HOME
  2. 趣味

画力アップのために筋肉構造をインプット!

商品プロモーションを含む場合があります。

僕は趣味でイラストや漫画を描いているのですが、自分の課題として…

  • 自在に人物を描けるようになりたい
  • もっと絵を描くスピードを上げたい

というものがありました。

例えば、腕を上げたときの肩。実際に絵にしようとすると「あれ、どうなってんだけっけ?」となってしまう。

確信のない線を描いては消してを繰り返すのでめっちゃ時間がかかってしまいます。

でももし、肩にどんな筋肉があってどう形造っているのかが分かれば、確信を持ってスピーディーに絵が描けるようになると思うのです。

そこで自在に人物を描けるように、描くスピードを上げるために、軽く骨格も含めた筋肉構造のお勉強に挑戦してみました。

この記事はこんな人におすすめ

  • 絵の練習方法を参考にしたい人
  • 絵のために筋肉構造を学ぶ方法を知りたい人
  • 絵の勉強のモチベーションにしたい人

とーちん

このブログでは、いつもの日常がほんの少し楽しくなるアイデアや工夫、新しい視点をお届け致します♪

目次

この記事のYouTube動画

この糞つまんねー動画の中で使っているのは、「ヒューマン・アナトミー・アトラス」というアプリです。

ヒューマン・アナトミー・アトラス
ヒューマン・アナトミー・アトラス
販売元:Visible Body

3Dで立体的に人体構造をビューできるだけでなく、筋肉を部分的に切り出せるところがめちゃ便利。

この機能を駆使して、筋肉がどこの骨に付着しているかを意識ながら覚えるようにしました。

特に腕と太ももの筋肉はとても複雑。なので、この後も何度も描いてインプットしました。

筋肉図のポイント覚え書き

次の課題

正直、筋肉構造を覚えただけでは、まったく応用が利かないです。

ちょっと動作が加わるだけで、筋肉がどう見えるのか分からなくなってしまうからです。

次は体の角度やポーズをいろいろと変えて描いてみる必要がありそうです。

筋肉をいろいろな角度から描けるようになる練習
次へ
人気記事ベスト5
ABOUT ME

とーちん

このブログでは、いつもの日常がほんの少し楽しくなるアイデアや工夫、新しい視点をお届け致します♪
最新記事
カテゴリー
© 2019とーちんブログ