インフォメーション
カテゴリー
ABOUT ME

とーちん

このブログでは、いつもの日常がほんの少し楽しくなるアイデアや工夫、新しい視点をお届け致します♪
  1. HOME
  2. 趣味

キャンプ用ナイフと家庭用包丁をまとめて研いでみた

商品プロモーションを含む場合があります。

ここずっと刃物のお手入れをしていなかったので、キャンプ用のオピネルナイフと家庭用の包丁をまとめて研いでみました。

この記事はこんな人におすすめ

  • ナイフの研ぎ方を参考にしたい人
  • さらっと砥石選びの知識を得たい人
  • ASMR的に研ぎ動画を鑑賞したい人

とーちん

このブログでは、いつもの日常がほんの少し楽しくなるアイデアや工夫、新しい視点をお届け致します♪

目次

この記事のYouTube動画

僕は刃の根元から研ぎ始めてますけど、正しくは刃の先端から始めるみたいです。なので、動画はあまり参考になさらずに…。

また、最後のかえり(バリ)取りは、革ベルトの裏とかで軽く擦るだけでも取れますよ。僕はたまたま家にあったよさ気な石を使ってます。

砥石選びのメモ書き

砥石を選ぶ際に知っておくべきことを簡単にメモ書きしておきます。

どんな砥石を選べばいい?

一般的なステンレス製の刃物なら、粒度が「#1000」前後の中砥石と仕上げ用に粒度が大きい「#4000」前後の仕上砥石があればOK。

ちなみに粒度とは砥石の目の粗さのことで、数字が小さいほど目が荒くなります。とりあえず、中砥石と仕上砥石が一緒になっているタイプのものを選べば便利。

両面砥石#1000/#4000(滑り止めゴム台付き)両面が#1000と#4000という組み合わせの両面砥石。土台に滑り止めのゴムが付いているので作業がしやすい。 Amazon 楽天市場 Yahoo!ショップ
ちょっと注意

100均でよく売られている砥石は粒が粗いものが多いです。なので、しっかり粒度を確認してから購入・使用した方がいいです。

砥石には2つのタイプがある

砥石には2つのタイプがあって、

  • 使用前に水を吸収させるタイプ
  • 水をかけながら使うタイプ

があります。

僕の砥石は使う前に水を吸収させるタイプなので、砥石から気泡が出なくなるまで水に浸してから使います。

使い勝手に違いがあるだけなので、どちらでも好きな方を選べばいいと思います。

あとがき

まあ、特に刃先にこだわりがなければ、シャシャっと刃を通すだけの簡易シャープナーでも十分に切れ味はよくなります。楽だしね。

僕はキャンプ道具にこっていた時期に砥石を購入したものですから、今でも砥石を使ってシャコシャコやってます。

そんな刃を研ぐ音とか砥石を擦る感覚は好きなので、こんな手間も悪くはないですよ。

ファッションカタログは無料のイラスト通信教材
戻る
秘密のグリルちゃんを使ってお庭で焼き芋してみたよ
次へ
人気記事ベスト5
ABOUT ME

とーちん

このブログでは、いつもの日常がほんの少し楽しくなるアイデアや工夫、新しい視点をお届け致します♪
最新記事
カテゴリー
© 2019とーちんブログ